3. Network Node インストール手順

Network Node の構成を行います。

3.1. パッケージアップデート

パッケージのアップデートを行います。

$ sudo apt-get -y update
$ sudo apt-get -y upgrade
$ sudo apt-get -y dist-upgrade
$ sudo apt-get -y autoremove

3.2. ネットワーク設定

ネットワークの設定を行います。

$ sudo vim /etc/network/interfaces
 auto lo
 iface lo inet loopback

 auto eth0
 iface eth0 inet manual
     up ifconfig $IFACE 0.0.0.0 up
     up ip link set $IFACE promisc on
     down ip link set $IFACE promisc off
     down ifconfig $IFACE down

 auto eth1
 iface eth1 inet static
     address 192.168.1.3
     netmask 255.255.255.0
     network 192.168.1.0
     broadcast 192.168.1.255

 auto eth2
 iface eth2 inet static
     address 192.168.2.3
     netmask 255.255.255.0
     network 192.168.2.0
     broadcast 192.168.2.255

 auto eth3
 iface eth3 inet dhcp

 $ sudo /etc/init.d/networking restart

3.3. NTP のインストール

各ノードの時刻がずれているとサービスが起動しません。時刻同期のため、NTP を使用します。

$ sudo apt-get -y install ntp

時刻同期先に任意のサーバを指定し、NTP を再起動します。

参考: NTPの使い方 : インターネットマルチフィード時刻情報サービス for Public

3.4. その他

その他ネットワーク関連パッケージ等のインストール及び設定を行います。

$ sudo apt-get -y install vlan bridge-utils
$ sudo vim /etc/sysctl.conf
net.ipv4.ip_forward を 1 に設定
$ sudo sysctl -w net.ipv4.ip_forward=1

3.5. Open vSwitch のインストール

Open vSwitch をインストールします。

$ sudo apt-get install -y openvswitch-switch openvswitch-datapath-dkms

3.5.1. ブリッジ作成

ブリッジを作成します。

  • br-int: br-int will be used for VM integration って書いてある(なんだっけ)
  • br-ex: Public Network 用ブリッジ
$ sudo ovs-vsctl add-br br-int
$ sudo ovs-vsctl add-br br-ex
$ sudo ovs-vsctl add-port br-ex eth0

3.6. Quantum のインストール

Quantum L3 Agent、DHCP Agent および OVS Plugin をインストールします。

$ sudo apt-get -y install quantum-plugin-openvswitch-agent quantum-dhcp-agent quantum-l3-agent

3.6.1. /etc/quantum/api-paste.ini の設定

Keystone 連携用設定を行います。

$ sudo vim /etc/quantum/api-paste.ini
[filter:authtoken]
paste.filter_factory = keystone.middleware.auth_token:filter_factory
auth_host = 192.168.1.2
auth_port = 35357
auth_protocol = http
admin_tenant_name = service
admin_user = quantum
admin_password = y7u8i9YUI

3.6.2. /etc/quantum/plugins/openvswitch/ovs_quantum_plugin.ini の設定

ここでは、接続先データベースの指定 と OVSセクションを編集します。

$ sudo vim /etc/quantum/plugins/openvswitch/ovs_quantum_plugin.ini
[DATABASE]
sql_connection = mysql://quantum:y7u8i9YUI@192.168.1.2/quantum

[OVS]
tenant_network_type = gre
tunnel_id_ranges = 1:1000
integration_bridge = br-int
tunnel_bridge = br-tun
local_ip = 192.168.2.3
enable_tunneling = True

3.6.3. /etc/quantum/l3_agent.ini の設定

L3 Agent の設定を行います。

$ sudo vim /etc/quantum/l3_agent.ini
auth_url = http://192.168.1.2:35357/v2.0
auth_region = RegionOne
admin_tenant_name = service
admin_user = quantum
admin_password = y7u8i9YUI
metadata_ip = 192.168.1.2
metadata_port = 8775

※ 参考にしているページでは、use_namespace = False にしていますがここでは True にしています。 ※ True にすると、メタデータサーバに通信できなくなるけど…。

3.6.4. /etc/quantum/quantum.conf の設定

RabbitMQ Server のアドレスを編集します。vhosts, ID, PASS などを変更している場合はそれらも合わせて修正します。

$ sudo vim /etc/quantum/quantum.conf
rabbit_host = 192.168.1.2

3.6.5. サービス再起動

設定が終わったらサービスの再起動を行います。

$ sudo service quantum-plugin-openvswitch-agent restart
$ sudo service quantum-dhcp-agent restart
$ sudo service quantum-l3-agent restart

再起動後、/var/log/quantum 以下にエラーが出力されていないことを確認します。